スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強のため

唐十郎さん率いる


唐組 夕坂童子 を拝見する


エネルギーにあふれ

見習わなければと思った。
スポンサーサイト

本日は

総帥の誕生日であります!!

モバイル用

FVFブログのモバイル閲覧アドです~

http://fvf.blog23.fc2.com/?m

会議の模様

昨夜は夕方から定例会議。

代表 羽村・副代表 新井18:00に待ち合わせ

打ち合わせに入る。

次回内容・劇場・時期を話し合い・・・
今までの反省も含め頭を悩ます。

およそではあるが、下半期FVF公演は10月下旬から11月の間で行うことに決定。

今回の舞台は今までと違い(あくまで予定だが)少数精鋭でぶちあげる。
キャスティングされる出演者もも内容もFVFではやったことのない物になりそうだ。

0時過ぎ、FVF飛び道具リーゼント山崎参戦。

成長した彼は代表と意見交換し、頭から怒られ泣いていた。

山崎が泣く・・・ 見たことのない衝撃だった。

話を聞いていればすぐにわかることなのだが、ちょっと理解力の遅い山崎は少々誤解をしたようだ。

以下話の内容一部

代表「次回の公演は腹くくってやろう。内容によっては俺達全員坊主になるくらいの気合いで!」

山崎「え?坊主ッスカ?」

代表「ああ」

山崎「それは・・・ちょっと」

代表「は?」

山崎「坊主にしたらリーゼントできなくなっちゃうんで、勘弁してもらえませんか?」


ここでカチンと代表のスイッチが入ったことがわかった

代表「何言ってるんだ?お前」

山崎「俺、リーゼントにこだわりもって生きてきたんです。坊主にしちゃったらリーゼントが・・・」

代表「お前、そんな気持ちで舞台に立つのか?」

山崎「だって・・・」

代表「・・・ちまえよ」

山崎「え?」

代表「やめちまえよ。」

山崎「え・・・だって」

代表「だっても明後日もあるか!髪の毛なんて切っても生えてくるだろう!仕事でキャスティングされて坊主になれって言われて、リーゼントができなくなるから嫌ですなんて、お前、何様なんだよ!」

山崎「・・・」

代表「そういうことが許される劇団も事務所もあるかもしれねえ、だけど、うちじゃ許さねえ。だからやめちまえ!」

山崎「クビってことですか?」

代表「おお」

山崎「だって・・・」

代表「リーゼントにこだわり持つことは悪いとは言わない、むしろドンドンこだわりもって続けろよ!だけどよ、俺らは役者なんだよ!作品のキャラクターになるときに、坊主を求められてそれができませんなんて言うやつは俺はいらねえ!だからそのこだわりが許されるところへ行け!俺たちは役者であることにこだわり続けているんだよ!」

山崎「・・・・」


~中略~

山崎「やります! 役者である以上、求められたキャラクターになるにはちっぽけなこだわりなんていらねぇってことですよね!・・・俺、やります!はらくくって!!」

代表「本当か?」

山崎「はい、絶対っす」

代表「そうか、わかった、じゃ、もしそういう役がきたらそのくらいの気持ちで頑張れ!」

山崎「え?」

代表「がんばれ」

山埼「え、俺坊主にするんじゃ・・・」

代表「そういう役が来た時には、そんくらい当たり前だろ!って気持ちでやろうぜ!って言ったの」

山崎「え・・・あ・・・じゃ、クビは・・・」

代表「だから、気合いれてやるんだろ?甘えてる奴はいらねぇってことだよ」

山崎「やりますよ!俺!やります!!・・・・」

といいながら、瞳に大きな涙をためているリーゼント山崎。

そうリーゼント山崎は、誤解していたのだww

代表「お前、なに泣いてるんだ?」

と、副代表の顔を見る代表

副代表 新井「安心したんですよ、ザキは・・・ そうだろ?」


うなずくリーゼント山崎

副代表 新井「話の内容がつかめないまま、リーゼントを坊主に今すぐしろって言われたのと誤解したんじゃないっすか?今すぐ坊主にしないとクビだって言われたと誤解してるんすよ。なザキさん。
話を聞いていればわかることなんですけど・・・・w」

さすが副代表 常に冷静である。

代表「お前・・・馬鹿だな!www」

リーゼント山崎「俺は・・・泣いてなんかいないッス!!グスン



とこんな具合におバカな三人は血の結束を固めていくのでした。
しかし、目を見張るのはこのリーゼント山崎の成長。
この愛すべき天然おバカキャラはビジュアルさえ良ければ、あの羞恥心のメンバーになれたんじゃないか?と思うくらいである。

こんなやり取りをみて、私はまたこの人たちのために
面白い脚本を書こうと決意したのでしたww



レポート
原田マリア


今夜は会議

5日夜はFVF定例会議
さてさて、次回公演を打つ前の重要な打ち合わせ。

ここが踏ん張りどころです。

その模様はまた今夜載せます!!

息を切らせぬように

年二回の公演とうたっておきながら2007年は私「総帥」の腰の怪我・・・ケガ?うーむヘルニアはケガなんだろうか病気なんだろうか??
ま、とにかく一時はそのまま車椅子生活になってしまうんではないのか!というくらい体が動かなくなり・・・ しかし、そのときにはすでに公演が決定していたのでした。
どこの病院に行っても、誰に相談しても即手術の回答。
探しましたよ日本中。メスを入れれば半年はベットの上確定。しかし舞台は二ヵ月後という無理難題を引き受けてくれる医者痛みで眠れず欝になっている頭をフル回転し、もはや杖無しでは歩行すら不可能な体を動かし、探しましたよ。
そして、見つけましたゴットハンド!コレはもはやヴァルハラにいって真東先生に頼むしかないと思っていた矢先、事情を聞きつけ引き受けてくれた先生がいたのです。

まぁ、そんな過去の話はさておき・・・

その年はさすがに体も頭も精神も使いすぎて一度の公演になってしました。

今年は・・・・すでに公演を打っているのですが、次回の予定は未定です。
がしかし年末には舞台の準備を進めているところであります。

こういう劇団の興行って自分達のやりたいように出来るのが一番の強みなのでしょうけど、中々名が売れない・・・
それは資金やら宣伝やら・・・ また内容の評価から動いていくものなのでしょうけど。

反省すべき点が山ほどあります。
ここで書くことではないのでしょうけどw

ですが頑張ります。頑張ります。


ですからお願いします。力を貸してください。

俺は・・・俺達は・・・・    頑張ります

リニューアル・スタート

さてさて。2008年6月をむかえました!!

FVFブログ・モブログともリニューアルして、再起スタート!!

出来れば細かく書いていこうと思っています。(思うだじゃダメか・・・w)

FVF活動情報もお伝えしていきますぜ!!

今後とも是非是非ヨロシク!!

んで、ガンガンコメお願いします。m(__)m

総帥

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

FVF

Author:FVF
演劇チーム
Feather Village Family

他では観られない演劇を作りたいと日々修行に明け暮れる集団。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
映画出演歴
●莫逆家族
~バクギャクファミ~リア~
熊切和嘉監督作品

●ガチバン Ultimatum
元木隆史監督作品
舞台歴
2004年

● 新宿SPACE107
「Here to stay!」

2006年

● 新宿SPACE107
「Take it Easy」

● 大塚 萬スタジオ
「つないだ明日へ」

2007年

● 新宿SPACE107
「SHINING」

2008年

● 池袋シアターグリーン
  Box in Box
「A BANK ROOBERY
CAPRICCIO」


● 中野
  WESTEND STUDIO
「メランコリー イン ザ ミラー」

2010年

● 中野
  WESTEND STUDIO
「煙突掃除と虹色の煙」

2011年
●中野
WESTEND STUDIO
「鏡の中の憂鬱」
FVF製作 映画
2010年上映


イベント限定ショートムービー
「反逆魂」
「中華戦隊チャイ○マン」

2009年上映


「埋もれた絆」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。